Skype for Businessコンプライアンスガード

製品説明のダウンロードはこちら

Skype for Business の運用リスク

オンプレミス、Office365 にはログが残らない利用パターンが存在しています。

社外、社内の部外者に個人情報と機密情報が漏洩してもログが残らない機能があります。

1 対 1 、会議の 1 対 1 、会議の 1 対 1 の 音声・映像
1 対 1 、会議の 1 対 1 の 音声・映像 デスクトップ共有
1 対 1 、会議のプログラム共有

Skype for Business コンプライアンスガードの特徴

Skype for Businessコンプライアンスガードでは全ての利用パターンのログを記録し、

また 疑わしい IM テキスト、ファイル転送が発生した場合に、IT 管理者にアラート送信します。

Skype for Business コンプライアンスガードの特徴

閲覧権限のないユーザーや社外ユーザへの漏洩リスク

外部ユーザは社内ユーザの会社名、組織名、名前、SIP アドレス、メールアドレスを比較的手軽に取得できてしまいます。

外部接続された情報は、全てのログが残りません。
もし情報漏洩が発生しても追跡ができないため問題の対応は困難です。

メッセージやファイル転送を
リアルタイムに監視し即座にアラート表示

Skype for Business の IM( テキストメッセージ ) およびファイル転送 を全てリアルタイムに監視、問題となるキーワード、ファイル名が送受信された時点でアラートを管理者に通知します。

メッセージやファイル転送をリアルタイムに監視し即座にアラート表示

通知・保存できる内容

内容はハードコーディングで On/Off の設定が可能です。

ログの対象
  • デスクトップ共有
  • アプリケーションの表示
  • PowerPoint の表示
  • ホワイトボード
  • 添付ファイルの追加
  • その他(投票、質疑応答)
  • IM 上からのファイルの送信
  • 音声通話
  • ビデオ通話
録音・録画 ※10分間に30秒
ランダムに録音
  • 音声通話
  • ビデオ通話
スクリーンショット ※1分間に1回
ランダムに記録
  • ビデオ通話
  • デスクトップ表示
  • プログラムの表示
  • PowerPoint ファイルの表示
  • ホワイトボードの表示
  • 投票
  • 質疑応答

詳しい仕様と内容についてはこちらの資料をご覧ください。

製品説明をダウンロード

お客様の業務に合わせて
カスタマイズ版をご提供いたします。

お客様の業務、要件をお聞かせいただければ、それに合致した アプリケーションを構築させていただくことが可能です。

カスタマイズ版のご提供

お問い合わせ

下記フォームよりお気軽にお問い合わせください
後日担当者より回答させていただきます
メールアドレス
ご担当者名
電話番号 (任意)
御社名・部署名
お問い合わせ内容